色々なボトルがある理由は?水素水の選び方!

今、巷で大流行の水素水。
最近ではとにかく種類がたくさん出ていて、どれを選んでいいかわからないですよね?

水素水の選び方は、水素濃度や生成方法など色々ありますが、実際ネットショップなどを覗くと、様々な容器の水素水があるのが気になりませんか?

なぜこんなに色々な種類の容器があるのでしょうか?
そこで今回は、ボトル別の水素水の選び方と、その理由を紹介していきます。

・アルミパウチ
水素水でネットショップを検索すると一番多く出てくるのが、アルミパウチ入りの水素水。
アルミパウチを採用している一番の理由は、その遮蔽性の高さ。アルミという素材は遮蔽性が高いので、水素が漏れ出にくくより水素が残存しやすいのです。

また、飲みかけで保存する場合も、容器を押しつぶすことで、中に空気が少ない状態でおくことができるのも、採用されるポイントの一つです。

・ペットボトル
ペットボトルでの販売も多少あります。
でも、水素は非常に細かい分子で、ペットボトルの素材だと、容器の表面から水素が少しずつ漏れ出てしまう恐れがあります。

市販のペットボトルで販売されている水素水は、「漏れ出にくい水素水だからペットボトルでも大丈夫」と表示されていることもあるので、やはり、「ペットボトルに水素水」は、あまり適していないようです。

・アルミボトル缶
アルミ缶入りの水素水もあまり多くはないですが販売されています。
アルミ缶は素材としては、アルミパウチ同様水素が漏れ出にくい素材で、水素水のボトルとしては適しています。

ただ、持ち運びのしやすさや、飲み残した時に、中にパウチのようにつぶすことができず、空気が中に残った状態で保存しなければならなくなるなどの点で、パウチより選択されることが少ないようです。

・水素水スティック
水素水スティックは、上の二つとは違い、水に入れることで水素水を作れるという商品です。
水素の持ち運びがしやすい点や、作りたての水素水が飲めるため水素が残存しやすいというメリットがあります。

ただ自分で作らなければいけないという手間は出てきてしまいますね。

・水素生成ボトル
水素生成ボトルは水を入れスイッチを押すことで、水素水を生成できるボトルです。
こちらも水道水からその場で水素水が作れるので、水素水の保存の必要性がなく、作りたての水素水を飲むことができます。

ただ機能がしっかりしたものは、数万円とかなり高価な製品になるので、よほど水素水を頻繁に引用される方でなければ、なかなか購入は難しかもしれません。

まとめ

水素水のボトルには、

  • アルミパウチ
  • ペットボトル
  • アルミ缶
  • 水素スティック
  • 水素生成ボトル


などがある。

水素が残存しやすくサッと飲めるのは、アルミパウチやアルミ缶。
作りたての水素水が飲みたいなら、水素スティックや水素生成ボトルがおすすめ。
ペットボトルは水素が外に漏れ出やすいため、ボトルとしてはあまり推奨されていない。

水素水を入れるボトルは色々ありますが、それぞれにメリットデメリットがあるようですね。

今回は水素水ボトルについて紹介しました。
水素水選びの参考にどうぞ!