早寝で健康維持に心掛けています

若い頃は少々不規則な生活を送っていても、元気な状態を保てていました。仕事が忙しくて睡眠時間が少なくても、少し寝ればすぐに回復したものです。しかし年齢が増すと、身体の不調を感じることも多くなり、自然と健康を保つことに関心が高まります。最近大きく気になる点はないのですが、指先の間接が痛いことが度々あり、何の症状かと気になっていたところ、友人の大変参考になる体験を聞きました。

その友人は関節の痛みに悩んでいて、最近よい医院に巡り合えて症状が治まったようです。詳しく話を聞くと、睡眠不足がそもそもの原因ではなかったかということでした。それを聞き自分も振り返って見ると、寝る時間が遅くなることが大変多く、思い当たる節がありました。友人の話では、身体の様々な機能が回復するために適した睡眠時間があるようで、一般的にも言われているように夜の10時頃には就寝することが好ましいようです。

そこで、10時には布団に入るように心がけたところ、気になっていた指の関節の痛みも消えていました。確かに早寝すると体調もよく、しっかり身体の疲れが回復していることを実感します。逆に何かの理由で夜遅い日が続くと、指の関節が痛くなることがあり、これは私にとって大きな発見でした。運動や食べるものに気をつけるなど、健康のためにできることは色々ありますが、私にとっては早目の就寝を心掛け、しっかり睡眠を取ることが何より大切だと感じています。

適切な就寝時間や睡眠時間は、人によって異なるようなので、誰にも言える事ではないかもしれません。数時間の睡眠で大丈夫という方もいますから、人それぞれなのでしょう。健康を保つ方法も人によってベストなものは違いますから、生活習慣や身体をよく観察して、自分に合った健康方法を見つけていくことが大切だと感じています。若い頃から夜型の生活が多かった私にとっては、早寝の習慣をつけるまで少し時間が掛かりましたが、何とか今は10時就寝が日課となっています。